新宿美術学院ロゴ

新宿校/デザイン・工芸科

私立美大コース

No.1の理由

〈新美・私大コース〉では、経験豊富な私大受験専門の講師陣が指導を担当し、私大の受験対策に絞った独自のカリキュラムにより、1年間で私立美大への高い合格実績をあげています。私大の入試では学科と実技のウエイトは同等です。
〈新美・私大コース〉では様々な対策により、1年間で実技と学科のトータルなレベルを向上します。

平面系   立体系   空間系
主な志望大学

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科
情報デザイン学科
メディア芸術学科

武蔵野美術大学
視覚伝達デザイン学科
デザイン情報学科
など
主な志望大学

多摩美術大学
プロダクトデザイン学科
総合デザイン学科

武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科
基礎デザイン学科
など
主な志望大学

多摩美術大学
環境デザイン学科
演劇舞踏デザイン学科

武蔵野美術大学
空間演出デザイン
など

「私立美大コースの学生の声」と「指導にあたる講師の声」

武蔵野美術大学 基礎デザイン学科 合格

笹本 貴寛
(神奈川/明星学園高校)

私は高校三年生の秋に、地元の福井から上京し、〈新美・私大デザインコース〉に通い始めました。〈新美・私大デザインコース〉では、デッサンや平面構成について学んだことはもちろんなのですが、私はそれ以上に「デザイン」というものについて深く学んだと思っています。それは、モノの見方や考え方、発想を伝えるためのちょっとした色や形への気遣いなどの「プロセス」そのものが「デザイン」であるということです。このことを、先生たちは日々の指導の中で教えてくれていたのだと感じています。そして、「デザイン」について深く学んだ今では、受験に合格するための制作以上に、将来デザイナーとして一線で活躍するための「デザイン」制作、というものを楽しんでいます。私にとって〈新美・私大デザインコース〉とは、高校でも大学でも学ぶことのできない「デザイナーへの第一歩」を学ぶことのできる、貴重な場所だと思っています。

主任/笹本 貴寛
(多摩美術大学 グラフィックデザイン学科卒業)

彼の目標はたった1つでした。それは、武蔵野美術大学の基礎デザイン学科に合格すること。そのために学期から並々ならぬ覚悟をもって挑みました。決して実技が得意な方ではありませんでしたが、彼は人一倍、デザインについてのアンテナを張りめぐらし、常に自分の考えを持っていました。デッサンや色彩構成といった受験の枠にとどまらず、日頃から様々な物事について考察し、分析する姿がとても印象的でした。春から念願の美大生となり、ますますデザインに対する探究心を熱く燃やしていくことでしょう。デザイン界に大きく羽ばたけることを祈っています。

武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 志望

栗原 瞳子
(東京/世田谷総合高校)

私は一度別の大学に入学しましたが、美大への憧れを捨てきれず、大学をやめて〈新美・私大デザインコース〉に入学することを決断しました。スタートが周りよりも遅かったため、夏期講習では焦りや不安な気持ちが多かったのですが、課題をこなしていくにつれて描けるようになってきたという実感を得ていきました。先生方は生徒一人ひとりと真摯に向き合ってくれて、安心してついていくことができます。また同じクラスの子たちみんなが日々一生懸命取り組む姿勢をみて、自分も負けていられないとやる気が湧きます。合格に向けて整われた環境の中で毎日取り組み、技術と自信をつけて第一志望に絶対に受かりたいと思います。

亀倉 琳
(武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科在学)

栗原さんは、もともと勘の良さ、センスの良さがありましたが、多くの受験生の絵のなかで主張していくには決め手に欠ける推しの弱さが課題でした。長所でもあるところが短所でもあり、足を引っぱり、そこは思い悩むところもあったようです。それでも毎日粘り強くコンスタントに課題をこなし、しっかりと自分がやれることに着実に取り組み、絵と向き合い、長所を伸ばし、克服していきました。栗原さんの受験への取り組む姿勢はほかの学生の刺激になっていたと思います。日々を、このように重ねていけるひとはいるようでいないものだと思います。これからも頑張ってください。

多摩美術大学 グラフィックデザイン学科 合格

熊谷 南美
(神奈川/鶴嶺高校)

私は1浪の夏まで小さなアトリエに通っていましたが、新美の夏期講習を受講し、2学期から〈新美・私大デザインコース〉に入学することを決意しました。私にとって新美での授業は新鮮で沢山のことを吸収できる毎日でした!作品を一枚も無駄にしたくはなかったので、先生が話すことをよく聞いて、相談し、前の課題で出来なかったことを必ず次の課題でできるようにしよう!と決め、一つ一つの課題を繋げて考え、改善できるよう意識しました。私は頭が固く、平面構成が苦手でした。しかし、新美に来て、先生の指導や周りの様子を見ていくうちに大切なのは伝わることで、もっと自由にやっていいのだと気づかされました。また、先生は実技のこと以外にもグラフィックデザインとは何なのか、どういうものなのかを教えてくださり、自分のなかの知識や出来ることが増え、デザインがたのしくなりました!!その結果、自分自身を大きく成長させることができ、合格する目標を達成できました。新美に来て本当に良かったと心から思います。

喰田 佳南子
(多摩美術大学 グラフィックデザイン学科在学)

丁寧に、丁寧に。少しずつ鉛筆を動かして、淡いトーンを落ち着いて作る。彼女のそんなデッサンがとても魅力的です。「女性らしく、白くて綺麗な手」を一貫して、完成度を高めていきました。毎日コツコツと、努力を重ねてきたからこそ出来る、繊細な表現だと感じます。平面構成のムラのない美しい塗りや緊張感のある構成、レタリングに至っても、その丁寧さは充分に発揮されており、推薦入試での合格を勝ち取りました。

多摩美術大学 プロダクトデザイン学科 合格

徳増 望実
(愛知/東邦高校)

僕は上京して、5月から〈新美・私大デザインコース〉に入学しました。新美に来てから一番変わったと感じるのは「考え方」です。それまでは「デッサンはこうあるべきだ」とか「平面構成はこうあるべきだ」というように考え方が固まってしまっていたのですが、先生方のアドバイスを頂きながら制作していくなかで、固まっていた考え方がほぐれていきました。次第に制作を楽しめるようになり、楽しんで制作しているうちに自然とスキルも上達していくことを実感でき、自分なりのプロセスを発見することもできました。その結果、約6か月で多摩美術大学プロダクトデザイン専攻に合格することができました。今後も新美で学んだことを活かし、さらに成長していきたいです。

大塚 直
(多摩美術大学 プロダクトザイン専攻卒業)

カーデザイナーになる。それが彼のこれから目指す道である。美術科のある高校に進み、卒業制作では近未来の車を制作するほどの車好き。そんな彼の制作姿勢は夢の実現の為に進む姿勢そのもの。彼のブレない信念が着実に力をつける原動力になったのは間違いない。推薦入試では、実技の力はもとよりプレゼン・面接において彼の人間性が伝わったのだと思う。しかし、彼もはじめからすべてできたわけではない。苦手なこと、うまくいかないことに逃げず粘り強く挑み続けたことが一つ壁を乗り越えることに繋がったのだと思う。これから強い信念を持ち、夢見向かって挑み続けて欲しい。

武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科 志望

平田 藍莉
(東京/小山台高校)

私が〈新美・私大デザインコース〉に通ってよかったと思うことは、自分と同じ目標を持つ多くの仲間がいることと先生方の丁寧なご指導を頂けることです。一般大学の入学を辞め〈新美・私大デザインコース〉に通い始めた頃、実技経験のなかった私は他人との差を感じていました。しかし、先生方や仲間に質問し教えてもらったり、他の作品と比較し自分の悪い点を見つめ改善に繋げたり、仲間の講評までもを聞いたりすることで多くの刺激を受けることができました。その結果、自分で想像していた以上に上達することができました。まだまだ未熟な部分はありますが、これからも毎日集中し制作に取り組み、自分の実力をより高めていきたいです。

多田 敦
(多摩美術大学 環境デザイン学科卒業)

彼女は他の生徒よりスタートが遅かった分、誰よりも一年で絶対合格するという強い意志を感じます。その思いは、遅刻や欠席もほとんどなく毎日課題に真剣に取り組む姿勢から見てとれます。講師のアドバイスをしっかり聞き、自分で考え、自分のやりたいことを表現するためには何が必要なのか?それを見つけるため積極的に色々な表現を試し、一枚一枚着実に上達しています。これからも自分の軸をしっかり持ち、更なる高みを目指し日々精進してもらいたいです。

多摩美術大学 テキスタイルデザイン学科 合格

成田 千夏
(青森/八戸工業大第二高校)

美大受験を志し新たなスタートをきるため、私は青森から上京し〈新美・私大デザインコース〉にお世話になった。一人暮らしをしながら予備校へ通っていたが、慣れない環境にだいぶ苦労したのを覚えている。制作で思い悩む日も多々あったが、講師陣は最後まで熱心に向き合ってくれた。また個人的なテキスタイルへの関心を探るためにも実際に1人でフィンランドへ行き、自分なりに研究し関心を深めたりもした。様々な挑戦の末、合格を勝ち取ることが出来た。今年いい結果を報告できたのは、無理強いしながらも支えてくれた家族や友達、そしてなにより一緒に頑張った新美の皆のおかげだと思う。大学へ行っても人との縁を大切に、沢山の事にどんどん挑戦していきたい。

村上 生太郎
(東京芸術大学 デザイン科在学)

成田さんは新美で与えられた課題だけでなく、自分で興味を持ったものをきっかけとして自主的に制作を行なっていた姿が印象的です。色や形に対するこだわりも強く、自分が納得するまで作品に向かっていました。他の専攻を志望する生徒たちと制作を共にすることで刺激し合いながら、最初は迷っていた部分も徐々にクリアして自信に繋げていけたのではないでしょうか。そして、その結果が推薦合格に繋がったのだと思います。これからも好奇心をもって意欲的に制作を続けていってください。

時間割

私立美大コース(昼間部/高卒生)
月~土/9:00~16:00
小テスト
月~土/12:00~13:00
チューター授業
週1回/17:00以降2時間(予定)
私立美大が第一志望のコース!
多摩美大や武蔵野美大などの難関私立美大合格者数日本一を誇るコースです。私立美大受験専門のスタッフによる指導には大きな自信があり、学科の対応にも特に力を入れております。基礎からの丁寧な指導で初心者にも適したコースです。

年間カリキュラム

高卒生/昼間部 1学期 夏期講習会 2学期 冬期講習会 3学期・入試直前
制作の礎となる「観る力」と「表現する力」をさまざまな基本的な課題とレクチャーを通じて学習していき、身につけていきます。
指導の一環として、定期的に個人面談を行っていきます。
初心者の方でも制作に必要な道具の正しい使い方や用語の説明を踏まえて授業をすすめていくので安心して実技を始めることが可能です。また、帰国子女や留学生の受験対策にも対応しています。
基礎的な課題と並行しながら、実践的な課題にも取り組んでいきます。また、表現の幅を広げることを目的としたデザインゼミや大作課題などの受験の枠にとらわれない課題も行います。 制作を通じて一人ひとりの長所や意向を踏まえた上で、作品の方向性を定めていきます。
毎年10月と11月には、武蔵野美術大学と多摩美術大学の受験生を対象とした公開実力模試が実施されます。
3学期・入試直前講習では、一人ひとりの細かな希望に対応したコース選択が可能です。選択したコースで、入試本番に向けての最終調整の段階に突入します。毎回の課題が入試本番さながらの内容と雰囲気のなかでの制作になります。この時期になると、通常授業時よりも長くアトリエを使用することが出来るので、納得のいくまで課題制作をすることが可能となります。試験までの限られた時間で、少しでも補う必要のあることにピンポイントでアドバイスをしていきます。同時に、これまでの制作を通じて追求して身につけてきた表現力や感性に、さらに磨きをかけることで自信をつけて入試本番に臨めるように取り組んでいきます。
イベント 第1回実技コンクール(学期開始)
校外授業(野外スケッチ)
実力判定学科模試
多摩美大、武蔵野美大学科模試
第2回実技コンクール(学期末)
武蔵野美大全国公開実力コンクール
多摩美大グラフィックデザイン学科
全国公開実力コンクール
大作週間
デザインゼミ(ポスター制作)
実力判定学科模試
第3回実技コンクール(学期末)