新宿美術学院ロゴ

新美チャンネル

新美 動画制作プロセスシリーズ

2014年春から、各科【実技制作プロセス】の動画配信をはじめました。
今まで知る事が出来なかった制作過程や道具の使い方を動画で見て実感することが出来ます。
美大実技入試は志望科の試験内容によって様々な技法と制作過程の違いがあります。新美では各科の特徴を捉え、生徒一人一人と向き合いながら個性を大切にし、入試に対応した実力が身につく指導をしています。
ぜひ、動画制作プロセスを見て【新美の合格者全国no.1】の指導を感じてください。

新宿美術学院、初の電子教材書

【デッサンプロセスシリーズvol.1】

『両手と想定のモチーフ』をテーマとしてB3サイズに鉛筆で描いていきます。描いていくプロセスへの解説内容の詳細はもちろん、様々なサンプル映像を数多く盛り込んでいます。Excellence Worksページでは21作品を講師のコメント付きで紹介しています。

デザイン

【石膏:ミロのヴィーナス首像面取り】7時間制作

ミロのヴィーナスの首像(面取り)のデッサンプロセス動画。
ena新美新宿校の講師によるデモンストレーション。

設定をHDにするとより高画質でご覧になれます。

デザイン

【石膏:ミロのヴィーナス首像】7時間制作

ミロのヴィーナスの首像のデッサンプロセス動画。
ena新美新宿校の講師によるデモンストレーション。

設定をHDにするとより高画質でご覧になれます。

工芸

【2017年東京藝大工芸科一次試験問題デモスト 制作プロセス】7時間制作

2017年度 東京藝術大学 工芸科
一次試験問題 石膏デッサン:モリエール
2017年3月2日制作
新美講師によるデモンストレーションと解説
デモンストレーター:池谷賢一郎(ena新美 新宿校 工芸科講師)

設定をHDにするとより高画質でご覧になれます。

3時間の体験講習

【3 hours challenge 制作プロセス】3時間制作

ena新美では3時間の体験講習を行います。3時間で『デッサンとは何か?』をつかむ!きっかけになります。
1日時間をとるのが難しい受験生へ、「美大受験」がどんな雰囲気なのか体験できるキッカケになります。
お気軽にご参加ください。

設定をHDにするとより高画質でご覧になれます。

私大デザイン

【手のデッサン制作プロセス②】5時間制作

私大デザイン科の出題を想定して制作しています。

設定をHDにするとより高画質でご覧になれます。

デザイン

【色彩構成 制作プロセス】6時間制作

設定をHDにするとより高画質でご覧になれます。

デザイン

【石膏デッサン制作プロセス】7時間制作

東京芸術大学デザイン科1次試験で頻出している胸像のデッサンプロセスです。
作者は東京芸術大学デザイン科在学の現役芸大生。
2016年度入試から1次試験が選択制に変更されますが、「石膏を含むデッサン」または「構成デッサン」の選択ですので、石膏デッサンを選択しようと考えている皆さんは、この動画を日頃の制作の参考にして下さい。

設定をHDにするとより高画質でご覧になれます。

油絵

【石膏デッサン(木炭)制作プロセス】8時間制作

東京芸大油絵科1年生による石膏デッサンデモストレーションです。近年、美大入試において木炭で石膏を描く課題が減少しています。しかし、木炭での石膏デッサンは美術を学ぶ上で1番基本となる課題です。形の合わせ方、調子の階調など対象を観察し表現する上でポイントになることが多くあります。
今回のプロセスでは、基本に忠実に描きながら木炭デッサンを描く上で大切な背景付きデッサンを公開いたしました。みなさんの日ごろの制作に役立てて下さい。

設定をHDにするとより高画質でご覧になれます。

工芸

【石膏デッサン制作プロセス】6時間制作

東京芸術大学工芸科1次試験で頻出している胸像デッサンです。今回は新美ポスターでも紹介した石膏デッサンプロセスを動画で配信しました。
制作者は現在東京芸術大学工芸科在学の現役芸大生です。
彼女には現在、新美学生講師として指導してもらっています。

設定をHDにするとより高画質でご覧になれます。

彫刻

【塑像制作プロセス】6時間制作

ブルータス胸像から、頭部のみを塑像する制作プロセスです。心棒への粘土付けから完成までのプロセスを紹介しています。彫刻科主任の小川原先生に制作して頂きました。制作スピード・完成度とも見る人を驚かせるほどの観察力と技術力です。

設定をHDにするとより高画質でご覧になれます。

私大デザイン

【手のデッサン制作プロセス】5時間制作

私大デザインでよく出題される「手のデッサン制作プロセス」を動画で見る事が出来ます。
「お皿を拭く両手」という課題で制作しています。
制作者は現在多摩美術大学グラフィックデザインに在学中の現役美大生です。
彼は現在、新美学生講師として指導もしてもらっています。

設定をHDにするとより高画質でご覧になれます。

日本画科

【着彩制作プロセス】11時間制作

東京芸術大学日本画専攻でよく出題される「静物着彩制作プロセス」を動画で見る事が出来ます。
芸大で頻出する花を中心とした、中間色の多いモチーフを繊細に描いているプロセスです。
制作者は現在東京芸術大学絵画科日本画専攻に在学中の現役美大生です。
彼女は現在、新美学生講師として指導もしてもらっています。

設定をHDにするとより高画質でご覧になれます。