新宿美術学院ロゴ

美術系高校入試2016年度情報

こちらの資料は2016年度受験データを基にした参考資料です
選考基準や試験内容等は変更される場合もあります。必ず各高校の募集要項をご確認ください。

都立高校

「実技」試験のある主な都立高校

● 都立 総合芸術高校 美術科(一般/推薦)
● 都立 片倉高校 造形美術コース(一般/推薦)
● 都立 大泉桜高校(特別推薦)
● 都立 飛鳥高校(特別推薦)
● 都立 つばさ総合高校(特別推薦)
● 都立 八王子桑志高校(推薦入試) 他

都立 総合芸術高校

○美術系最難関。都立唯一の芸術専門高校。
○実技試験で求められるレベルが高い。
○倍率は大幅に上がっている訳ではないが、年々受験者の学力レベルは向上傾向にある。
○実技は中3からの準備でも十分合格のチャンスはある。
○集団討論、面接でも、「美術」に関することが質問されることがある。

推薦入試
募集人員 24名 (2016年度倍率:5.33倍)(2015年度倍率:4.29倍
選考基準   調査書 集団討論・個人面接 実技検査 総合成績
満点 500点* 100点 800点 1400点
*調査書は傾斜配点せず、9教科の評定数値を合計して500点に換算。
実技検査 鉛筆による素描(3時間)/画用紙サイズ(54.4×38.4㎝/四つ切り)

机上で制作。各自にモチーフが1セット渡される。机上でモチーフを構成し、デッサンをする。
(入試対策作品 中学生受験科

ポイント
★毎年モチーフが3〜4個渡される。(数、形ともに難易度が高い)
*工業製品、*自然物(野菜、果物等)、*形を変形できるもの(布、紙類、リボンなど)
★卓上にどのように配置するか。もののかたち、空間が分かりやすいように!
★3時間で完成させる。
★鉛筆の硬軟の違いを活かして、濃淡の色の幅を表現する。

集団討論 集団討論(約20分)(教員2名、生徒5~6名)
●テーマがわたされ、最初の2分で紙に自分の意見をまとめる。
●1分ずつ個人の意見を発表。残り時間で討論し、最後に全員の意見をまとめる。
2015年度集団討論テーマ:
『同級生と円滑なコミュニケーションを図るためにはどうすれば良いか。』
問1 このことについvて、自分の考えを述べなさい。
問2 今いるグループの皆で、どうしたら円滑なコミュニケーションを図れるかについて話し合いなさい。
『上級生と円滑なコミュニケーションを図るためにはどうすれば良いか。』
問1 このことについて、自分の考えを述べなさい。
問2 今いるグループの皆で、どうしたら円滑なコミュニケーションを図れるかについて話し合いなさい。
2014年度集団討論テーマ:
『近年、地球規模で異常気象が問題になっており、世界中で自然環境を守ることが求められています。』
問1 このことについて、自分の考えを述べなさい。
問2 今いるグループの皆で、どうしたら自然環境を保護できるかについて話し合いなさい。
『近年、中高生の携帯電話によるトラブルが社会問題になっています。』
問1 このことについて、自分の考えを述べなさい。
問2 今いるグループの皆で、どうしたらトラブルが起きないようにできるかについて話し合いなさい。
面接 個人面接(約3~5分)
●受験番号、氏名、出身中学校
●志望理由
●中学校生活で思い出に残ったこと、そこから学んだこと
●入学後にやりたいこと
●高校卒業後の進路、将来の夢
●志望している専攻をなぜ選んだか
●集団討論の感想、言い残したことがあれば
●社会と芸術の関わりについて(どのように広めていくか)
(●前日の実技についてどうだったか)

ポイント
★一般的な高校同様、志望理由、入学後の興味などは確実に言えるように。
★美術(芸術)と社会の関わりなどの質問がでることがある。日頃から美術に関心を持っていくことが大事。
★過去には「実技作品」について感想(うまくできたところなど)を説明する質問も出た。
一般入試
募集人員 56名 (2016年度倍率:2.11倍
選考基準   学力検査 調査書における
教科の判定の取り扱い
実技検査
(満点)
総合成績
(満点)
教科 満点 学力検査
実施学科
理・社・
実技4教科
調査書
(満点)
満点 国語
数学
英語
600点 1倍 2倍 400点 800点 1800点
参 考 偏差値55/換算内申37
実技検査 水彩による静物着彩(4時間)/画用紙サイズ(57×44㎝)

イーゼルで制作。静物を5~6人で囲む。
(入試対策作品 日曜中学生コース)

都立 片倉高校

推薦入試
募集人員 24名 (2016年度倍率:2.46倍)(2015年度倍率:2.25倍
選考基準   調査書 集団討論・個人面接 実技検査 総合成績
満点 360点* 140点 500点 1000点
*調査書は評定。
実技検査 鉛筆による素描『自画像』
一般入試
募集人員 56名 (2016年度倍率:1.05倍)(2015年度倍率:1.03倍
選考基準   学力検査 調査書における
教科の判定の取り扱い
実技検査
(満点)
総合成績
(満点)
教科 満点 学力検査
実施学科
実技4教科 調査書
(満点)
満点 国語
数学
英語
理科
社会
700点 1倍 2倍 300点 1000点 2000点
参 考 偏差値49/換算内申33
実技検査 鉛筆による素描(*モチーフ3点程度を机上に配置。)

実技試験のある都立高校

大泉桜高校(普通科/単位制)
特別推薦 24名(美術) (2016年度倍率:3.13倍
選考基準 調査書 個人面接 実技検査 総合成績
400点
(美術2倍)
200点 600点 1200点
参 考 一般入試(偏差値46/換算内申33)
実技検査 鉛筆デッサン(90分/A3)
*幾何形体の工業製品2点程度を机上に配置。
*作品持参(面接時)
飛鳥高校(普通科/単位制)
特別推薦 3名(美術) (2016年度倍率:- 倍
選考基準 調査書 面接 作文 実技
200点(評定) 300点 200点 300点
参 考 一般入試(偏差値49/換算内申35)
実技検査 鉛筆デッサン(90分/B3)
*幾何形体の石膏をデッサン。
*自作作品持参/3点
八王子桑志高校(産業科/デザイン分野)
推薦 21名(美術) (2016年度倍率:3.0倍
選考基準 調査書 集団討論・個人面接 実技検査 総合成績
450点(評定) 200点 250点 900点
参 考 一般入試(偏差値52/換算内申34)
実技検査 鉛筆デッサン(90分/A3)
*紙を指示どおりに折り、それをデッサン。
つばさ総合高校(総合学科/単位制)
特別推薦 2名(美術/デザイン) (2016年度倍率:3.0倍
選考基準 調査書 面接 実技
500点(評定) 100点(作品持参あり) 300点
参 考 一般入試(偏差値49/換算内申35)
実技検査 鉛筆素描(デッサン)(180分/B3)
*モチーフをもつ片手をデッサンなど。
*作品持参(面接時)
王子総合(総合学科/単位制)
特別推薦 2名(美術) (2016年度倍率:1.5倍
選考基準 調査書 面接 実技
     
参 考 一般入試(偏差値45/換算内申32)
実技検査  

私立高校
私立 女子美術大学付属高校

推薦入試
募集人員 32名 (2016年度倍率:1.0倍
*9科(5段階評定)合計32以上。
選考内容 作品提出
(水彩画とデッサン/B3)
面接 調査著
一般入試
募集人員 33名 (2016年度倍率:1.3倍
選考内容 国数英
(各100点)
実技 150点
(デッサンまたは水彩)
(120分/B3)
面接 調査書
参 考 偏差値52~48
ポイント ポイント
★推薦入試は、学校説明会に積極的に参加し、絵をみせることが大事。複数回参加が望ましい。
★一般の実技、特に水彩は採点の好みがハッキリと出る。(総合芸術高校とは異なるので注意)

(入試対策作品 日曜中学生コース)

私立高校
私立 八王子学園八王子高校
(進学コース 総合進学クラス[美術系])

推薦入試
募集人員 2015年度入試より、推薦入試は廃止
一般入試
募集人員 ①第一志望15名、併願15名(2015年度倍率:1.14倍
②第一志望15名、併願20名(2015年度倍率:1.45倍
選考内容 国数英
(各100点)
実技・作品提出 面接 調査書
参 考 偏差値54
実技試験 *鉛筆、木炭などのデッサンもしくは水彩画(題材、サイズ自由)
*入試相談優遇有り
(入試相談基準:第一志望9科33or5科19、第二志望9科35or5科20)
*入選歴などある場合はポイント加算制度有り