新宿美術学院ロゴ

新宿校/建築科

建築科

建築を始める

あなたのまわりを見渡してみてください。自分の部屋、家、ビル、学校、役所など、私たちは様々な建築空間に生きていることに気づくでしょう。人間の行動にはすべて建築が関わっています。すべてというと大げさかもしれませんが、建築は理系分野であり文系分野でもある総合芸術です。
建築を学ぶことは、自分の身の回りのモノゴトを見つめ直すことでもあり、魅力的な空間をデザインする作業は、私たちの生き方をデザインする作業とも言えます。新美建築科では、予備校での学びを大学0年生と捉え、基礎的なデッサンから建築的思考、表現方法まで、あらゆる建築を熱意を持って教えます。
それぞれの興味や個性を活かした空間づくり、あなたなりの建築を、私たちと一緒に始めましょう!

美大の建築科へ行く

一般理系大学出身者の建築家も、独学で成りあがった建築家も、デザインの過程でスケッチを描きます。スケッチは、うまくなくても構いません、伝わればよいものです。もっと言えば、うまいだけで伝わらないスケッチはデザインの過程において意味をなしません。美大の建築科というのは特殊に思われがちですが、このような思考回路における「スケッチ」や「ドローイング」の意味をわきまえていることが合格条件である美大入試というのは、建築を始めてゆく上で、理にかなっていると言えます。ただ絵を上手に描くのではなく、その意味についてつきつめて考える。建築科入試のデッサンの勉強は、それが直接建築の勉強にも繋がっているのです。

主任 半田悠人

幅広い着眼点を持つための独自課題

芸大2次対策としての絵本課題
<空間が連鎖するシーンをつくる>

各大学の入試から立体構成がなくなりはじめ、造形力をつけることが受験生には難しくなってきています。それどころか、芸大受験にはタスク処理能力まで求められてきているので、昔の問題を繰り返し使うことをせず、毎回趣向を凝らした新しい課題を作成し、受験生の実力アップを目指しています。新美には他予備校にはない独自の課題も多くあり、幅広く建築を捉えることで柔軟な発想を鍛えます。

ひとつの空間を何枚ものシーンによって表現しようとすると、必ず時間軸を考えることになります。光の変わり方、周辺環境へのアプローチの仕方をストーリーと一緒に考え、空間の創造力を高めます。

早稲田大学 / 創成入試

新美では早稲田大学の創成入試対策にも力を入れており、毎年合格者を輩出していることから、豊富な資料をそろえております。創成入試合格には、個人のこれまでの活動の見せ方と、ポートフォリオの建築性、当日課題のプレゼンテーション能力が必要です。もちろん丁寧にアドバイスし、文章もすべて添削しますので安心してください。講師陣とともに考えながら制作を進めて行きましょう。「いままで何も作品を作っていない」と言う方でも大丈夫です。過去合格者もみんな新美で制作した作品をポートフォリオに載せています。大事なのは建築がやりたくて、早稲田に行きたいその強い気持ちです。

ポートフォリオとは作品集のことです。自己PRが文章や口頭でなされるのに対して、ポートフォリオは視覚的に、受験生の人となりを映します。
見やすさを最大に重視して制作しましょう!

コース案内

高卒生・高3生
一般入試コース・美術系推薦入試コース・理工系推薦入試コース
土/17:30~20:30  日/9:00~16:00
空間とは何か」━ 問いと表現の土日 ━
建築科は土日に授業を行うので、平日は学科対策に時間を充てられます。その分、土日はがっつりと、デッサンのみならず立体構成やプレゼンテーション、建築に対するディスカッションを行い、様々な 表現技法や空間を見る目を養っていきます。
1学期は、基礎的なデッサンの技術を身につけるとともに、建築に関わる様々な物や場所に触れる機会 を設け建築的感性を養います。
夏期講習及び2学期は、弱点を強化し、実践的な課題をこなすことで様々な問題に対応出来る力を養います。幅広い思考、豊かな感性、入試に対応出来る技術を身に付けるために順序を踏んで学んでいく授業となっています。
対象大学
【美術系】
東京芸術大学建築科、筑波大学、武蔵野美術大学建 築学科、日本大学芸術学部デザイン学科、東京造形 大学デザイン学科室内建築専攻、多摩美術大学環境 デザイン学科
【工学系】
早稲田大学、慶応 SFC、東京工業大学、昭和女子大学 などにおける実技及び、ポートフォリオ対策

様々な入試日程や内容に対応する3つのコース

芸大美大
実技対策コース
推薦対策
美大系対策コース
推薦対策
理工系対策コース
芸大をはじめとする美大建築科の入試では、独創的な空間をイメージする「創造力」と、それを的確かつ魅力的に他者に伝えるための「表現力」が要求されます。このコースでは、様々な建築や自然環境、現象や社会などの分析、体験を通じて空間のボキャブラリーを蓄え、「創造力」を育てます。それとともに、自分の考えを他者に伝える「表現力」を鍛えていきます。年間を通じて、考えることと伝えることをセットに学んでいきます。自分のイメージした空間の魅力が人に伝わるように描くことが合格への鍵なので、表現には徹底的にこだわります。色々な課題を経験していく中で、空間のイメージ力を養っていくカリキュラムになっています。 実技課題や面接などの課題を課す推薦入試を行う美大が増える中、このコースでは理工系建築学科の一般受験と併せて受験対策が出来るように、日曜日のみで対策をしていきます。推薦入試は、一般入試と比べて大学毎の出題内容や傾向に大きく差があり、また日程もばらばらであるため、試験ごとに個別に対策していく必要があります。芸大美大実技対策コースとの共通課題に加え、一人ひとりの受験校に合わせて課題を組み、個別指導を行っていきます。個別指導ではデッサンの実技だけでなく、論文添削や作品ファイル制作指導、模擬面接やプレゼンテーション指導も行いますので、各受験校に合った万全な対策ができます。 美術系はもちろんのこと工学系の建築学科においても実技課題や作品提出が課されています。早稲田大を中心に推薦入試ではポートフォリオの提出を求められています。年間を通した基礎的な実技指導と併せて、本科ではポートフォリオに載せるための作品制作を授業の一環として行っていきます。また、個人面接の機会が充実しており、担当の講師による小論文、推薦文の添削をします。受験生の個性を最大限に生かした表現を面接や小論文の添削をとおして発見していきます。入試直前には本番の入試傾向に対応した実践問題、模擬面接、プレゼンテーション指導をすることで、各大学が求めている内容に万全な対策をします。

 

年間カリキュラム

  一般入試 推薦入試
1学期 課題を通して、基礎的なデッサン力の向上をはかります。デッサンを学びながら様々な素材に触れ、実際に建物に訪れてスケッチをしに行ったりもします。建築的な思考に触れ、空間を見る目を養います。
<建築的思考の向上>
●コンクール ●空間調査課題 ●屋外写生 ●グループ立体構成 ●人物クロッキー
夏期講習 <建築的思考の向上>
●コンクール ●空間調査課題 ●屋外写生 ●グループ立体構成 ●人物クロッキー
2学期 思考したものを表現する手法を、実践的な課題を通して学んでいき、各自に見合う試験に沿った表現方法を身につけていきます。 各大学に応じて対策を本格的に進めて行きます。小論文やポートフォリオの添削、模擬面接を行っていきます。
<実践課題>
●コンクール(11月) ●屋外写生 ●実力判定学科試験 ●造形特訓 ●文章特訓 ●考力特訓
直前講習 今までに身につけた、表現力・創造力を、実際の入試形式で取り組み、入試に対応出来る能力へと昇華させていきます。
<発展表現・入試形式の追い込み>
●コンクール ●絵本課題 ●実力判定学科試験 ●タスク処理特訓